スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--‐--‐--[--] --:-- | | スポンサー広告

主。

我が輩は猫である。
名前は“主(ぬし)”。
ア・パースのスタッフに勝手に呼ばれている。

20070723191217.jpg 20070723191235.jpg

スポンサーサイト

2007‐07‐23[月] 19:14 | | Comments(0) | Trackback(0) | ○○なお話ししましょ。

涼しくなる!?

スッキリしないお天気。
青空拝みてぇぇぇぇぇ????。

な?んて思うスタッフ佐藤です。

てゆ?か、蒸し暑い日が続きますね。
夜も寝苦しかったりするし。。。。。

そんな時、こんな話はいかが?

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

ちょっと昔の話。

その日は予定もなく、自分の部屋で過ごしてた。
テレビを見たり、本をよんだり、暇をもてあそんでいた。
と、不意に眠気に。。。。

「少し眠よ・・・」

布団に横になり、眠ようとした。

ゴンゴンゴン!

ん?
何かの音で目が覚めた。
音は確かに隣の部屋から聞こえた。
親でも帰って来たかな。

「かえってんの??」

呼びかけてみた。
ドアの向こう、親がいるであろう部屋に。
そこには、テレビとテーブルが呆然と置かれているだけだった。
     
「誰もいないじゃん。。。」

「じゃあ、さっきの音は・・・?」

シャァァァ・・・

お風呂場。
シャワーから水が出る音が家に響いた。

「うわっ!?な・何?」

突然の出来事に驚き、声を荒げる。
家には僕しか。。。。
そう、僕しかいないはず。
泣きが入りながらも風呂場に向かい、シャワーを止めた。

ドタドタドタ!!!

今度は、部屋を駆け回る足音。
僕の部屋から。

「誰だよ・・・・」

勢いよくドアを開ける。
真っ暗な部屋の中。
明かりをつけ見回す。

「・・・だれもいない。」

一安心。
明かりを消し、布団に倒れ込むように寝ころんだ。
目をゆっくりと閉じた瞬間。。。

カチッ

消したはずの部屋の明かりがついた。

「誰かいんのかよ!?」

そう叫んだ瞬間、背後に気配を感じた。
振り向きたくない僕の心とは裏腹に
体は勝手にゆっくりと動き、振り向こうとしている。






と、真剣に読んでいるあなた。











そんなあなたの背後にも・・・・・・・

ほら!!

2007‐07‐23[月] 18:23 | | Comments(0) | Trackback(0) | ○○なお話ししましょ。

«  | HOME |  »

遊びに来てくれた皆さん☆

Facebook

 

携帯電話からもどうぞっ!

QR

ブログ内検索

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2007年07月 | 08月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。